新着情報一覧

新型コロナウイルス対策について

新型コロナウイルスにより、皆様におかれましても大変な状況にあることと存じます。

当院では現在、治療の緊急性が高い患者様を優先的に診ることができるよう配慮しながら、三密にならないように、予約にゆとりを持たせ診療を続けております。

歯科医院というものは新型コロナウイルス騒動の以前より、肝炎やインフルエンザなどの病原となるウイルスから、患者様やスタッフを守るべく、感染リスクと常に戦いながら診療を進めている医療機関です。現在はそれに加えて、さらに新型コロナウイルス感染対策に力を入れております。

常時行っている取り組み

□ マスク、グローブ、ゴーグルの着用。
□ グローブの患者様ごとの交換。
□ 患者様のエプロン、コップ、歯ブラシは全て使い捨て。
□ 治療器具はドリル、ハンドピースを含め患者様ごとに交換、滅菌。
□ 口腔外バキュームの使用。
□ 診察台、操作パネルなどの消毒、清拭。
□ スタッフの頻繁な、手指消毒。
□ 診療室内での、医療用空気清浄機の稼働。

 

新型コロナウイルス対策として追加で行っている取り組み

□ ドアノブや取手、手すりの消毒液による清拭。
□ 室内の換気、待合室ソファーなどの消毒液による清拭。
□ 受付での対面時の感染予防のためのパネル設置。
□ 入室時、患者さまの手指消毒のお願いと、体温の測定。
□ 始業前の、スタッフの体調確認と、体温の測定。
□ 診療室内の、定期的な換気。

 

私どもは、患者様が歯科治療を受けることによって、新型コロナウイルスに感染する可能性は低いと考えます。

新型コロナウイルス感染者の歯科治療は、医療者にとって、大変リスクがあると言えます。患者様におかれましても、来院の際には、他の患者様、スタッフに感染させないために、どうか、受診前にご自身の体調の確認をお願いします。咳やくしゃみを直接受けるなど、感染の高リスクから医療従事者はできるだけの防護をすべく、フェイスシールド、ゴーグル、防護服など使用して、感染から大切なスタッフを絶対に守りたいと考えております。

 

口腔ケアをすることでインフルエンザの罹患率が減少するという報告が多数あることから、肺炎予防には口腔ケアが必須だと考えております。

新型コロナウイルス問題は長期間にわたって直面しなければならない問題だと思います。歯や歯茎が痛くて食べられない、腫れていて困っている、義歯がないと食事ができないなど、口の健康が損なわれると、必ず免疫力が低下し、体全体の健康が損なわれ感染しやすくなります。困った時には、電話でご連絡ください。

この機会におうちでの口腔ケアを見直してみてください。清潔な歯ブラシでの歯磨き、うがいは、全身疾患が予防できます。

新型コロナウイルス問題の終息を心より願っております。

トップへ戻る