新着情報一覧

桑田歯科で、マイナス1歳からのムシ歯予防

桑田歯科で、マイナス1歳からのムシ歯予防

患者さんは、1.6歳のH君です。

今日のお母さんの悩みは、H君の下の前歯の歯石が取れない、なかなか磨かせてくれない、とのことです。

まず、ほっぺから、お口周りのスキンシップ、年齢プラス2秒ですから、3秒間触れて離します。

焦らず、繰り返して見ましょう。

歯石のように見えたのは、厚く残ったプラークでした。簡単な、器具で取り除けました。

お母さんは、仕上げ磨きをしっかりしたい熱心です。嫌がる場合は、焦らずに指や綿棒、ガーゼで唇、

頬の内側、舌を優しく刺激することから始めましょう。

初めて持たせる歯ブラシは転倒事故防止の柔らかい ライオンのEX安全ハンドルがお勧めです。

もちろん、パパかママの仕上げ磨きはマストですよね。

 

妊婦健診で来院される患者様には、マイナス1歳からの虫歯予防を提案します。生まれる前から、家族のお

口の虫歯菌を減らし、赤ちゃんに、感染させるのをできるだけ、遅くさせましょう。これが、マイナス1

歳からの虫歯予防です。

赤ちゃんは、生まれた時はむしば菌には感染していません。一番みじかな家族からむし歯菌は感染しま

す。子育てをするお母さんや、お父さんが、お口にむし歯菌いっぱいだと、早くから赤ちゃんに感染しま

す。将来、むし歯の苦労を少しでも少なくしてあげたいですね。そのためには、菌の感染をできるだけ

遅くすることが大切です。子育て真っ最中のお母さんは超多忙です。お口の健康のために、良いとわかっ

実行できないことは一杯あります。知識があっても、お箸やスプーンの共有をしてしまうのが現実です。

虫歯の元、お砂糖の制限も実際は中々できないのが現実です。そこで、虫歯予防の方法の一つとして、

キシリトール100%のガムやミントををお勧めします。岡山大学の仲井雪絵先生の妊婦さんを対象とした

研究により、妊娠中よりキシリトール100%のガムを摂取していたお母さんのお口には虫歯菌が住み着

きにくくなる事がわかりました。むし歯になりにくいお口に育てることは、子供にとって何よりの贈り物

ですね。

桑田歯科では、妊婦さんだけではなく、細菌検査を実施し、リスクの高い患者様に、キシリトールガム

100%をお勧めしています。

虫歯予防に、セルフケアと歯科医院でのプロケア、さらに、キシリトールガムを上手に、使いましょう。

 

 

トップへ戻る